マリーアントワネット

ここでは、マリーアントワネット に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 マリーアントワネット役には「スパイダーマン」シリーズのヒロイン、キルスティン・ダンストが起用され、14歳から33歳までを好演しています。
母親マリア・テレジア役はマリアンヌ・フェイスフル、アントワネットと確執の火花を散らすデュバリー夫人役にはアーシア・アルジェントなど個性的なキャストが配され、宮廷内で華麗なる人間ドラマを紡ぎ出す。
 注目の衣装は二度のアカデミー賞に輝くミレーナ・カノネロが担当し、最高の艶やかさを作品に加えている。監督は、映画監督に留まらない大きな存在感を放ち、フォトグラファー、女優、デザイナーとしても多彩な才能を発揮し、ファッション・リーダーとしても日本でも若い女性を中心に大きな支持を集めるソフィア・コッポラ。監督デビュー作「ヴァージン・スーサイズ」で新世代の映画監督として一躍脚光を浴び、第2作目の「ロスト・イン・トランスレーション」で見事アカデミー賞(R)脚本賞に輝いたソフィア・コッポラが描くマリー・アントワネットに世界中が待ち焦がれている。

STORY
オーストリア皇女マリーは、14歳にしてフランス王大子ルイ16世の元へ嫁ぐことになった。結婚生活に胸を膨らませていたが、待ち受けていたのは、上辺だけ取り繕ったベルサイユ宮殿の人々と、愛情のない夫婦生活。ルイは必要な事以外はマリーと口もきかず、同じベッドに寝ていても、指一本触れない。愛情深く育ったマリーだったが、悪意溢れる噂に傷つき、やがて贅沢なドレスやパーティーに心の安らぎを求めるようになる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2007mono.blog88.fc2.com/tb.php/8-0635c69c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
はじめまして、いつも楽しく拝見しています。この度「夫婦生活の夫婦改善の秘訣」というサイトを作成しましたのでTBさせていただきました。ぜひ一度ご訪問いただければ幸いです。万が一不要な場合は、お手数ですが削除ください。今後ともよろしくお願い致します。
2007/01/31(水) 15:14:06 | 夫婦生活の夫婦改善の秘訣
ブログパーツ SEO対策:芸能人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。