転落死の大杉君枝アナ、難病治療に悩む 自殺?

ここでは、転落死の大杉君枝アナ、難病治療に悩む 自殺? に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本テレビの大杉君枝(おおすぎ・きみえ)アナウンサー=旧姓鈴木君枝=(43)が2日早朝、東京都渋谷区内の自宅マンション前で倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。事件性はなく、飛び降り自殺とみられる。大杉さんは昨年10月に第1子の男児を出産したばかりで、現在育児休業中。出産後、体の広範囲に強い痛みを起こす「線維筋痛症」という原因不明の病気で悩んでいたという。
 大杉さんが倒れているのが見つかったのは午前6時半ごろ。通行人が119番通報したが、搬送先の病院で死亡が確認された。渋谷署では、遺書らしいものが残されており事件性がないことから、自宅マンションのベランダから飛び降り自殺したとみている。明るく親しみやすいキャラクターで“元祖アイドルアナ”だった大杉さん。43歳で待望の第1子を授かったばかりでの悲劇に、同局の関係者らは「どうして…。あんなに出産を喜んでいたのに」とショックを隠せない。

 結婚から4年目の昨年10月11日に男児を出産。晩婚化が進む中、女性にも明るい話題として報じられた。来年の4月まで育児休業を取る予定で、ママとしての奮闘を始めたばかりだったが、出産後に「線維筋痛症」で悩んでいた。全身の痛みを伴うもので明確な治療法は分かっていない。痛みやしびれに苦しめられ、不眠や疲労感の精神的症状が見られることもある。


 96年に2歳年上の青年実業家と結婚したが、02年に離婚。03年8月に9歳年下の大手広告代理店勤務の男性(34)と再婚し、それまでの「鈴木君枝」から、夫の姓である大杉に変えて仕事を続けてきた。大杉さんは当時「高齢出産になるので、子供は一日でも早く欲しいですね」と語っていた。出産前に一時入院した際、夫は出社前に必ず病院へ。出産の不安を訴える大杉さんを年下の夫が支えていた。夫妻をよく知る関係者は「こんなに仲がいい夫婦がいるのかというくらい仲は極めて良好だった」と話した。

 仕事面では、入社当時から報道からバラエティーまでオールマイティーに活躍。ビートたけし(60)や所ジョージ(52)らの大物タレント相手に物おじすることなく番組を切り盛りし「ズームイン!!朝!」「知ってるつもり!?」「THE・独占サンデー」などの看板番組を歴任。元気印のキャラクターは、スタッフや先輩、後輩アナの信頼も厚かった。

 同局総合広報部では「アナウンサーとしてのさらなる飛躍が期待される中での突然の悲報に驚いています。ご冥福をお祈りいたします」とコメント。死亡原因や葬儀日程については遺族の意向で非公表。

大杉 君枝(おおすぎ・きみえ)1963年(昭38)7月4日、東京都杉並区生まれ。87年に立教大学社会学部を卒業し、日本テレビに入社。朝の情報番組の担当などを経て、92年からバラエティー「世渡りジョーズ」でみのもんた(62)とコンビを組んで司会を務め、一気に注目された。ほかに「所さんの目がテン!」「ザ・情報ツウ」「ズームイン!!SUPER」などを担当。趣味は読書、映画観賞、落語。
(スポニチ)
本当に、本当にショックです。赤ちゃんの為に精一杯生きてほしかったのに・・・。ご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。

輝いていた彼女の画像を探していて
(もうweb上には殆ど存在しないようですが…)
お邪魔しました。
私は君枝さんと同学年の「線維筋痛症」患者です。
患者の実態をブログに書きました。
興味があったら、ご覧ください。
http://blogs.yahoo.co.jp/pare1010/4192037.html
2007/02/05(月) 17:17 | URL | pare1010 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2007mono.blog88.fc2.com/tb.php/72-02d02c77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ SEO対策:芸能人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。