京成電鉄「開運号」34年ぶり復活!花道運行

ここでは、京成電鉄「開運号」34年ぶり復活!花道運行 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しまった!昨日だったんですね、汗 乗りそこねちゃいました!
京成電鉄は28日、人気列車「特急開運号」を34年ぶりに復活運転する。現在、一般車両として使われている3200形電車が来春引退するのに伴い、ファンらに“最後の晴れ姿”を見てもらおうと企画された。

 使用される車両は、同社に唯一現存する「開運号」として使われた3200形4両編成。昭和42年に1600形開運号の後継車両として新造され、48年に「スカイライナーAE形」が登場するまで活躍した。その後、トイレを撤去しシート配置を変更するなどして一般車両となったが、「片開き式1枚扉」の姿は今も健在。

 当日は、クリームとオレンジのツートンカラーにグレーの帯を巻いた当時のままの塗装に戻され、保管されていたヘッドマークを先頭車両に付けて京成上野~京成成田駅間を一往復する。

 運転は午前10時19分京成上野発、同11時37分京成成田駅着。復路は同駅午後1時23分発、京成上野着は3時22分の予定。専用乗車券の申し込みは終了している。

 開運号は、昭和27年に登場した。同駅間を1日3往復し、翌年に新造された2代目の1600形電車は、斬新(ざんしん)なデザインなどで成田山新勝寺への参拝客らの人気を集めました。(産経新聞)

鉄道マニアの方にはたまらなかったのでは?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2007mono.blog88.fc2.com/tb.php/40-8c788ff8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ SEO対策:芸能人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。