元祖つけ麺の大勝軒、46年の歴史に幕

ここでは、元祖つけ麺の大勝軒、46年の歴史に幕 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大勝軒がとうとう閉店してしまいます。悲しいですね。行ってみたかったのですが、あの行列を並ぶ勇気がありませんでした。最近だと5時間半待ちだったそうです…⇒Ranking
つけ麺発祥の店として知られる東京・東池袋の「大勝軒(たいしょうけん)」が20日、のれんを下ろす。再開発による立ち退きで半世紀の歴史にピリオドを打つ。「おやじ」と慕われた店長、山岸一雄さん(72)の人柄と味に魅せられたなじみ客が連日100メートル近い行列を作り、最後の味を惜しんでいる。
 大勝軒は1961年創業。カウンターとテーブル計16席が小さな店内にひしめく。客のお目当ては、山岸さん考案のつけ麺(現在650円)だ。東京・中野のラーメン店で修業していた17歳のころ。出前で忙しい同僚が麺を、スープやしょうゆなどを入れた湯飲みにつけ、かきこんでいるのを見てひらめいた。
 自分の店を出し、「特製もりそば」の名で1杯40円で発売。甘酸っぱいつけ汁とモチモチした食感の麺でたちまち人気に。74年に静脈瘤(りゅう)で両足が不自由になり、出前をやめたが、近所で働く得意客が「おやじが作ってくれれば、おれたちが運ぶ」と自ら取りに来てくれた。その習慣は今も続く。
 一緒に切り盛りしてきた妻二三(ふみ)子さんが86年死去。あまりのショックに店を閉めたが、店頭に張り出した休業お知らせの余白に、なじみ客が次々と再開要望を書き込み、7カ月後に復活した。
 2年前にも体調も崩し地域の再開発も重なったため、「ここが引き際」と閉店を決めた。この数日、客が次々と訪れ、最長5時間待ち。代休を取って駆けつけた会社員、斉藤一敏さん(42)は「開店前に店の中に入れてもらってビールを飲んで待っていたのが懐かしい。本当に残念です」。
 山岸さんは、客に贈る色紙に「麺絆(ばん) 心の味」としたためる。のれん分けした店は北海道から沖縄まで全国に100近く。「弟子は子供と同じ。落ち着いたら、子供たちの店をゆっくり回りたい。それがおやじの役目だからね」と大きなおなかを揺らせて笑った…⇒Ranking
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070320-00000010-maip-soci
大勝軒色々
気になる話題
下着メーカーがラブコール「ビビアン・スーの胸は芸術品」
間下このみ難病乗り越え出産:政井マヤアナできちゃった婚
ヘアスタイルカタログパーティーヘア夜会巻き
相撲取り体型一直線!の恐るべき勘違い生活とは
PR
男女とも完全無料♪安心の恋人探し
「放っておく」事が基本!ネット上に「無限増殖する宣伝マシーン」が新規顧客を毎日138
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして、大勝軒のことは、テレビニュースで初めてしりました。
あんなにも行列ができてビックリしてました。
でも何時間も待つなんて本当に美味しかったんでしょうね、一度行ってみたかったです。
2007/03/24(土) 01:05 | URL | サッキー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2007mono.blog88.fc2.com/tb.php/202-4fbd6714
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ SEO対策:芸能人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。