宇多田ヒカル離婚:宇多田両親も恒例離婚

ここでは、宇多田ヒカル離婚:宇多田両親も恒例離婚 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇多田ヒカルと映像作家の紀里谷和明氏が4年半の結婚生活にピリオドを打ちました。宇多田ヒカルの両親も「恒例離婚」を果たしたそうですが、宇多田ヒカルの離婚の原因は…⇒Ranking
・・・ズバリ、仕事で忙しく会う時間がなかった、との事。
結婚して仕事を頑張りたいのは分かるけど、それが原因で離婚なんて…悲しいですよね。

宇多田の両親も離婚していた事が判明したそうです。
スポニチの取材では、昨年春ごろに離婚。夫妻は81年6月に結婚後、86年に離婚し、そのわずか2週間後に復縁するなど、離婚と再婚を何度か繰り返してきた。今回の離婚は通算6、7回目とみられる。
宇多田ヒカル達も時間が出来たら再婚して欲しいですね。
- - - - - - - - - - -
3日に歌手宇多田ヒカル(うただ ひかる 24)との離婚が明らかになった映像作家の紀里谷和明氏(きりや かずあき 38)は、離婚についてHPで「創作の厳しさ苦しさ、孤独をお互いに抱えたまま、相手に甘えるということが最後までできなかったように思います」とつづった。4年半の結婚生活を「孤独をお互いに」と表した部分に、離婚の原因があったようだ。
 紀里谷氏と仕事をともにした人の多くが、その性格について「少年のような人」と表現する。
 初監督映画「CASSHERN(キャシャーン)」に取り組んだ際も製作関係者は「夢を実現させるため、時に意地になっている姿が印象的だった」という。同映画の製作費は6億円だったが、予算内ではとても実現しないスケールの脚本を書いた。スタッフは「無理です」と反対。すると「予算が限られていておいしい料理が作れないのなら、自分で種をまいて材料を育ててやる」とたんかを切ったという。
 人件費を抑えるため、撮影、編集も自ら手掛けた。昼夜を問わずスタッフルームにこもり、CGによる膨大な映像製作に取り組んだ。関係者は「不眠不休そのもの。食事もろくに取らず、脇目もふらず打ち込んでいた」という。打ち合わせでもスタッフに対して正論をかざし、自己主張も人一倍激しかった。
 こんな性格なため、宇多田のコンサートの演出やCDのプロデュースにも、前のめりになった。宇多田をここまで育てた父照実氏と衝突したことは想像に難くない。宇多田をめぐる夫と父の綱引きが、宇多田を困らせ、最終的には離婚の扉を開いたようだ(日刊スポーツ)…⇒Ranking

↑なぜ、宇多田ヒカルがコロンビア大学に入れるのか

CASSHERN
話題のニュース
引退飯島愛ブログで告白「横領された」1億円?
ほしのあき、一度は結婚を
注目度抜群「菊地凛子」の仕事とカネ
PR
恋するご近所さん

話題騒然!コンテンツ連動+行動ターゲティングで集客UP
消費者金融の借金を返済 「911どっとこい」


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして

突然のコメント失礼致します。

私のサイトで、こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

http://idlenews.blog75.fc2.com/blog-entry-485.html
2007/03/04(日) 17:20 | URL | そふとん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2007mono.blog88.fc2.com/tb.php/166-90936cf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ SEO対策:芸能人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。