雅子様暴露本「プリンセス・マサコ」の内容

ここでは、雅子様暴露本「プリンセス・マサコ」の内容 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本でもダイアナ妃人気があるように、オーストラリアでもプリンセス・マサコは大変人気があるようです。しかし昨年出版された雅子妃に関するドキュメント本「プリンセス・マサコ」が大問題になっているようだ…⇒Ranking
 オーストラリアで昨年出版された。日本の外務省が「皇室の方々を侮蔑し、実態とかけ離れた皇室像を描いた」とカンカンで、元東京特派員の著者ベン・ヒルズ氏と出版元に抗議文を送り付けたのだ。

 それもそのはず。この本には「菊の御紋の囚われ人 日本の皇太子妃の秘話」の副題が付けられ、あまりに衝撃的な話が“バクロ”されている。週刊誌などに載ったその一部を抜粋すると――。

〈雅子妃はほとんど一日中、自室にこもり、午前2時か3時まで経済書を読んだり、楽器を弾いたりして過ごした。話す気力もなくし、ドアのすき間からメモを差し出して職員たちと意思疎通してたりしていた〉〈宮内庁の役人たちは、もう1年以上も離婚という「解決策」を検討していた。雅子妃は皇后になるのにふさわしくないし、離婚すれば皇太子は再婚をして男子の後継者をもうけることができる。さらに、女系天皇を認める法改正も避けられると、宮内庁の代弁者たちは語った〉

 このほか、とても紙面では書けないような、愛子さん出産に関する過激な内容も含まれている。外務省の抗議は翻訳本を出させないための牽制か……。(ゲンダイネット)

私の知り合いが某女性週刊誌で働いているのですが・・・記事に出来ないことは沢山ある、と言ってました。。。…⇒Ranking芸能ニュースランキング
PR
一度は試してみたい貸切風呂を無料で【無料貸切風呂のある宿】
話題のブログ作成ありくい
【近所】無料で近距離恋人探し!恋するご近所さん
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2007mono.blog88.fc2.com/tb.php/144-11dfd89f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ SEO対策:芸能人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。