さんま人気に“異変” 低空飛行続く「明石家さんちゃんねる」

ここでは、さんま人気に“異変” 低空飛行続く「明石家さんちゃんねる」 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明石家さんまさんの番組は大好きで、よく見ていますが、「明石家さんちゃんねる」って初めて聞きました。今度見てみようと思いますが、タイトルからして面白くなさそうですね、苦笑
以下産経新聞記事です。…⇒Ranking
人気タレント、明石家さんまの最新レギュラー番組、TBS系バラエティー「明石家さんちゃんねる」(水曜後9・0)が苦戦中だ。昨年11月にスタートしたが、視聴率は伸び悩み、1ケタ台から抜け出させない。“異変”の原因を探った。
 TBSが昨年秋の目玉として1年以上前からさんま側と交渉を重ねていた番組で、さんまにとってもプライムタイム(午後7~11時)での新番組はフジテレビ系「明石家マンション物語」以来7年ぶりのため、期待は大きかった。しかし、レギュラーを多く抱えるさんまのスケジュール調整などがつかず、10月改編から約1カ月遅れの11月22日スタートとなり、出足からつまずいた。
 内容は、さんまが共演を熱望した料理研究家、鈴木登紀子との“料理ちゃんねる さんま・ばぁばのおいしい時間よ”、女性ゲストを迎えてトークを炸裂させる“美女ちゃんねる”などで、さんまとは公私ともに仲がいい飯島直子と工藤静香がレギュラー出演している。
 そんな豪華な布陣で臨んだ新番組だが、初回と12月13日放送分のみが10・6%、10・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と10%超え。12月6日の5・2%をはじめ、あとは1ケタ続きだ。
 ほかのさんまのレギュラー番組をみると、日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」は12%前後をキープし、同「恋のから騒ぎ」は深夜帯にもかかわらず12%前後。TBSでも「さんまのスーパーからくりTV」を持つが、これも10%以上と安定している。ほかにはフジテレビ系「あっぱれ!!さんま大教授」「さんまのまんま」もほのぼの系の番組として人気は高い。大阪の番組も含めると、週8本近いレギュラーを持ち、視聴者の好感度調査でも常に上位にランクインされるさんまだけに、「さんちゃんねる」の低迷は不思議でならない。
 放送ライターの一ノ瀬智は「最初でつまずき、11月という中途半端なスタートだったこともあるが、レギュラーの女性2人のキャラクターが少々古いように思う。それに、さんまさんは遊ばれてナンボのキャラで、トークがかみ合っていない」と原因を分析する。
 世代交代の風がテレビ界にも吹いているのか。放送評論家の佐怒賀三夫は「そうは思わないが、タレントのキャラクターにおんぶにだっこの時代は終わったと思う。バラエティーは本格的に作ると本当に難しいもの。安易な構成力で方向性が見えないものは長続きしない」と話している。…⇒Ranking
芸能ニュースランキング
カエラ初写真集!すっぴん寝顔に生着替え
激太り!長澤まさみにダイエット命令
PR
「驚異の必勝馬券術 ~競馬はギャンブルじゃない。競馬で経済的独立を~」
ゼロからわかる筋トレマニュアル
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2007mono.blog88.fc2.com/tb.php/142-01038e5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ SEO対策:芸能人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。