2年で大富豪ユーチューブ創業者 「神話」誕生

ここでは、2年で大富豪ユーチューブ創業者 「神話」誕生 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米動画共有サイト最大手、「ユーチューブ」(You Tube)をネット検索エンジン最大手「グーグル」に売却したのに伴って、ユーチューブの創業者2人が巨万の富を獲得した。…⇒Ranking
 グーグルが米証券取引委員会(SEC)に提出した文書によると、チャド・ハーリー氏(29)が約3億4500万ドル(約420億円)相当、スティーブ・チェン氏(28)が約3億2620万ドル(約400億円)相当のグーグル株を手にした。2人とも、2005年2月にシリコンバレーで創業してから2年足らずで大富豪の仲間入りをした。

 グーグルは昨年10月、ユーチューブを総額16億5000万ドル(約2000億円)で買収した。その方法が株式交換方式だったため、大量のグーグル株がハーリー氏とチェン氏に渡った。

 ハーリー氏とチェン氏は、インターネットを利用した決済サービスを行う会社で一緒に働いていた。ユーチューブが誕生するきっかけは、2005年1月に開いた友人たちとのディナーパーティーだった。そこで撮った映像を共有したいと思い、E-mailを使おうとしたが、容量が大きすぎる。そこで、オンライン上に投稿することを考えだし、その方法を思い切って簡略化したのだ。

 ユーチューブは創業から瞬く間に急成長する。2006年4月の時点で、動画の数は400万以上、1日に3万5000以上の動画が投稿されているといわれている。誰でも閲覧可能で会員登録すれば、動画を投稿・公開できることから、利用者は増え続け、日本国内からのアクセスは1カ月あたり、200万にも上るという。

 グーグルも1998年9月に2人の若者によってシリコンバレーで創業された。それからわずか8年余りで時価総額1500億ドル(18兆円)にも届く巨大企業に成長した。世界中が情報をグーグルに頼り、頼らざるをえない状況が生まれつつある。私たちの生活への影響は、「グーグル革命」ともいわれるほどだ。

 グーグルがユーチューブの買収に踏み切ったのは、人と人のつながりを促すソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS系)のビデオサイトでユーチューブが圧倒的な勝者であるためだといわれている。この買収で、数十万の広告主に向けたグーグルの世界的な技術インフラやシステムと、ユーチューブのユーザーへのオンライン動画配信が一体化したことになる。(サンケイエキスプレス)

二人とも20代後半だったんですねーー。しかもきっかけが趣味から始まったとは…驚きです。…⇒Ranking
PR
億万長者になるための黄金の投資術
Dr.ティーの新悪魔的デイトレ必勝法
14日で英語のセンスが身につく!英語が口からポンポン飛び出すフィーバー英会話術
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2007mono.blog88.fc2.com/tb.php/131-e04f4244
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ SEO対策:芸能人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。