子供の「遺体」「裸」「失禁」 教諭が楽しんだ不気味サイト

ここでは、子供の「遺体」「裸」「失禁」 教諭が楽しんだ不気味サイト に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 交通事故で死亡した子供の写真がインターネットのホームページに無断掲載された問題で、警視庁少年育成課は7日、子供の裸の写真を知人に提供したとして、児童買春・ポルノ処罰法違反容疑で、東京都羽村市立小学校教諭の渡辺敏郎容疑者(33)=あきる野市=を逮捕した。 調べでは、渡辺容疑者は、児童ポルノに当たる子供の裸の写真を電子メールで送信し、知人に提供した疑い。(時事通信社)

交通事故死した子どもの生前の写真や、大量の遺体の写真などが掲載されたウェブサイトをめぐり、子どもの遺族がサイトの作者である小学校教諭に対して侮辱容疑で告訴状を警視庁に提出した。遺族を激怒させたウェブサイトとは、本当にひどい中身だった。
この問題は、TBSが2006年12月3日午前のニュースで初めて報じ、同日夕方の1時間番組「JNN報道特集」の、およそ半分を使って大きく報じられた。それによると、問題となったのは、東京都羽村市の小学校に勤務する男性教諭(33)が制作した「クラブきっず」と呼ばれるサイト。

幼い子どもの写真が大量に掲載されている
このサイトには、片山隼君(享年8)など交通事故の犠牲者6人の生前の写真が、遺族が作ったページなどから無断転載され、「『グシャッ!』と潰されて死んでしまいました」などと、遺族への侮辱とも取れる説明とともに掲載されていた。これに対して6人の遺族は12月4日、ウェブサイトの運営者に対して侮辱容疑の告訴状を警視庁に提出したほか、6人と別の女児の遺体写真も掲載されていたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑の告発状も提出した。

この元教師は15歳の時から子供の裸などに興味があったようです。
果たしてこういう性癖を持つ人が服役して出てきても、普通に社会に戻れるのでしょうか?治さないと又同じような事件を起こさないかと、心配です。

ニュースランキングFC2 Ranking
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2007mono.blog88.fc2.com/tb.php/104-a76fe324
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ SEO対策:芸能人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。