映画

ここでは、映画 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
武田真治クン、可愛いですよね~♪…⇒Ranking
[「舌はどうします?」キスシーンでの新人女優の大胆発言に武田真治も赤面!]の続きを読む
スポンサーサイト
パリス・ヒルトンが初プロデュース&主演した映画が日本で緊急公開されることになった。パリスが演じるヒロインは、ゴージャスなブランドの服や高価なアクセサリーを身につけ、学園の女王様としてセレブぶりを発揮する役柄で、まるでパリス自身の日常を垣間見ているかのような設定が話題となっている。しかもその内容があまりに過激でお下劣だったためか、当初は劇場公開する予定がなかったといういわくつきだ…⇒Ranking
[パリスが主演のあまりにお下劣な映画公開される!胸ポロ、排泄物まみれなんでもアリ!]の続きを読む
全裸750人のラブシーンが話題の映画『パフューム ある人殺しの物語』。750人もの男女が一糸まとわぬ姿でもつれ合う姿が話題になり、一部ではCG合成なのでは? との声もあったが、やはり本物の男女だということが判明する映像が公開された。
[全裸750人男女のラブシーンはどうやって撮影された?]の続きを読む
いよいよ昨日から公開ですね、「アンフェア the movie」。絶対映画館に見にいきますよー。昨日はテレビで「アンフェア」スペシャルを見ていました。江口洋介、格好良かったです!最初誰だか分からなかった位でした…⇒Ranking
[篠原涼子、寺島進のアンフェアな舞台挨拶にビックリ!]の続きを読む
5日、小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅(ドランクドラゴン)、香川照之が共演する『キサラギ』の完成披露試写会が行われ、5名とともに佐藤祐市監督が舞台あいさつに登壇した…⇒Ranking
[小栗旬、ユースケ・サンタマリアに下ネタで汚染された…]の続きを読む
TVCMでちょっと気になっていた映画『パフューム ある人殺しの物語』。こんな物凄いシーンがあったとは…
3月3日に公開されるこの映画、その映像を見たマスコミ関係者や業界の人々の間で「とても口に出して言えない衝撃の映像」と話題にのぼっていたシーンがある。それは、映画のクライマックスに映し出される約750人の全裸のラブシーンだ…⇒Ranking
[全裸が750人!テレビ局に問い合わせ殺到した禁断のシーン解禁!]の続きを読む
石原マリコ役のキャスティングはなかなかだが、一番驚いたのは石原マリコの母親役である安達有里(49)アノ安達祐実の母親なのですが…今回が女優デビューなのだとか…どんな演技を見せてくれるのか、楽しみです…⇒Ranking
[石原真理子『ふぞろいな秘密』映画化で後藤理沙が激しい濡れ場シーンを!]の続きを読む
ショウタイムは21日、同社が運営するブロードバンドコンテンツポータル「ShowTime」のシネマコーナーにて「完全なる飼育」(R-15指定)シリーズ全6作の有料配信を順次開始することを発表した…⇒Ranking


[女子高生と中年男の危ない純愛などを描く「完全なる飼育」]の続きを読む
ジャニーズ事務所って色々複雑そうですね・・・
ジャニーズ辞めるのも大変そうだし
 キムタクはやっぱり逃げた――。こんな声がまたぞろ大きくなっている…⇒Ranking
[木村拓哉が日本アカデミー賞を辞退したもうひとつの理由]の続きを読む
「バベル」も菊地凛子も恥ずかしながら知りませんでしたが、こうやって日本人が世界で活躍されるという事は何度聞いてもとても嬉しいことですね。 今後の作品もますます楽しみになります。
[「バベル」菊地凛子さん、助演女優賞にノミネート ]の続きを読む
嵐の松本潤(23)の単独初主演映画「僕は妹に恋をする」(安藤尋監督)の海外公開が決定し、20日、東京・恵比寿の恵比寿ガーデンシネマで行われた初日舞台あいさつで発表された。
 恋に落ちた双子の兄妹の心情を綴る物語。公開が決定したのは台湾で時期は交渉中。ほかに韓国、シンガポール、タイ、香港、マレーシアからオファーされている。
 発表に松本は「本当ですか?」とキョトンとしていたが、昨年、嵐が韓国、台湾でのコンサートを大成功させたことについて司会者から「嵐はアジアでもすごい人気ですからね」と振られると「そうですね」と笑顔。「文化や環境が違っても気持ちは通じるし、たくさんの方に観てもらえるチャンスが増えてうれしい」とも話し、妹役の榮倉奈々(18)らと喜びをかみ締めていた。
(サンスポ)
[「僕は妹に恋をする」松本潤主演映画海外公開へ!]の続きを読む
 マリーアントワネット役には「スパイダーマン」シリーズのヒロイン、キルスティン・ダンストが起用され、14歳から33歳までを好演しています。
母親マリア・テレジア役はマリアンヌ・フェイスフル、アントワネットと確執の火花を散らすデュバリー夫人役にはアーシア・アルジェントなど個性的なキャストが配され、宮廷内で華麗なる人間ドラマを紡ぎ出す。
[マリーアントワネット]の続きを読む
ブログパーツ SEO対策:芸能人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。